FC2ブログ






プロフィール

羊羹ママ

Author:羊羹ママ
50代の主婦。旦那と娘3人の5人家族。長女は1人暮らし。下の2人は学生。旦那は現在自宅療養中。いろんなしがらみに縛られ、働くこともままならず毎日悶々としている私です。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


飛田の存在、案外 身近にありました。切なすぎます・・・
こないだ、本屋で 気になる本 見つけました。
お金ないから 買わなかったけど・・・ 

ある女性作家の「飛田」シリーズ
12年にわたる取材による街を活写したルポルタージュって書いてました


「飛田」は 意外と 身近なところに ありました
飛田遊郭は 大正7年開設されたそうです



ホントは いけないんだけど 立ち読みしてしまいました


同居人さんが 倒れる前 
お客さんを 飛田まで 乗せたこと 何度もあると聞きました。

そのお客さんは 同居人さんの常連のお客さんで
飛田で 働いている女性だけど 客層としては いいので 楽だったらしいです
彼女は 飛田の手前で いつも降りたそうです

その時まで 飛田って意味知らなかった
本屋で その本を たまたま目にして・・・

正直 ショックだった


パラパラとしか読んでないけど(立ち読みしちゃダメです)

少ししか 読んでないのに 切なくなってしまいました。


長屋みたいな建物に 若い女の子が 部屋の中から 道路の方を向いて お客さんから見えるように座り
お客さんは 道の両側に 立ち並ぶ 部屋の中から 見える女の子を見定めしながら 歩く
お世話係の おばちゃんが 道行く男の人を 呼び込む
そして 男の人が 入ってきたら 契約を交わす

ざっと こんな感じでしょうか?

今の時代も 何軒か 存在しているそうです

3年前まで 事実 同居人さん その子を 飛田まで 送ったこと 何度も あったそうですから・・・

何か 今の時代に まだ 大正時代からの古いしきたりが あるなんて 知らなかった

結構 警察の手入れも入っているそうですが

売春防止法違反で 何度か 送検された事とか Yahooニュースで 取り上げられたことあったそうです


私の知らない世界が 今も存在しています。
私が 知らないだけでしょうか???

ブログ音痴ならず 社会音痴です

借金を返すためには 人は 必死です
生きていくためには お金が 要ります

我が家も この秋から どうなるんか さっぱり

今持っているお金を使い果たしたら 借金するんでしょうか??
働けないのに 生活資金を借りることなんて 出来ません。


何か タイトルから 妙な方向に 話がそれてしまいました。

仕方ないです。
お金が 全てですから・・・・



追伸⇒近頃、私の行動範囲で トンボが 集団発生しています。
    知り合いに そのこと言ったら 秋やからねぇって一言
    そんな秋を感じさせる 風情ある光景じゃないです
    自転車こいでたら、前から低飛行で こちらに向かってきて 顔にぶつかる勢いで 怖い
    右も左もトンボだらけで 逃げようがない
    私の町には まぁまぁ大きい1級河川が通っていて しかも行動範囲が その近辺・・・

  トンボって こんな怖い虫でしたっけ?





下のアップルパイ、すんごく 美味しいです。甘いもの大好きな私、自分のご褒美にしています♪
一度 食べて見て下さい(*^^*)
この節約家の私が 食べています。
⇊ ⇊ ⇊



コメント欄など ブログ訪れて下さった方との交流のしかた分からないアナログな私です

こんなアナログでも 時代の地べたで 雑草のように強く生きて行きたい思います。

こんなアナログな私に ポチ 1つ頂けたら 1つ頑張れます。

ポチッと よろしくお願いします 
⇊ ⇊ ⇊ ⇊
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

⇊ ⇊ ⇊ ⇊ 押してくれたら 元気が出ます
にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sapporo2583.blog.fc2.com/tb.php/429-f532b05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。