FC2ブログ






プロフィール

羊羹ママ

Author:羊羹ママ
50代の主婦。旦那と娘3人の5人家族。長女は1人暮らし。下の2人は学生。旦那は現在自宅療養中。いろんなしがらみに縛られ、働くこともままならず毎日悶々としている私です。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2人の 心の溝は 果てしなく深く・・・


同居人さんと私の心の溝は 今や 果てしなく深く・・・

彼が病に倒れる昨年春より もっと前から この溝は 出来ていました。


そして 彼が 倒れてからは しばらく その溝は それ以上 深くなることもなく

かといって、長い自宅療養生活が その溝を修復することもなく・・・



彼が集中治療室に入っている間、進学問題が迷宮入りして ふさぎ込んでしまった末娘のことや 入院費支払いの事とか 今後の生活のことなど 考えてもすぐには解決しないことばかり(>_<)

誰にも相談できない不安で 私もふさぎ込む毎日。

昨年の夏まで ずっと そんな風だった

昨年夏、 1人でどうしても解決できない問題があって 彼の実兄に相談した時 決して僕に相談してくれるなと釘を刺され・・・

羊羹ママさん、1人で 頑張って下さい

って言われた・・・

私、いっぱい頑張ってます。これ以上 頑張れないってね・・・

身内なんて 所詮 そんなもんです

身内にも 自分たちの生活があり、それをおびやかされるのを極度に嫌います

そんなこと百も承知だったけど 思わず 頼りにしてしまった 

こんな気持ちになるなら 最初から 相談しなけりゃ良かった・・・

唯一の兄弟と思うから 期待してしまった 私が 馬鹿

彼の両親は どちらも他界していて ただ1人 私、広~い 海に 置き去り状態・・・


それからは 誰も信じられず ひたすら 1人だった

この秋には 彼が倒れて 1年半


今や、倒れる前よりも 同居人さんとの心の溝は 一層 深く 深く 深くなりました。

家では いろいろ助言できるのは 私だけ

病院や センターから言われたことを その都度 代弁しているだけですが

それに対して 彼の口から出てきた言葉

「お前は 一体 何様や!」

「・・・・・・???」


指示されたり 助言されるのを極度に嫌う彼の口から出た言葉です。


何が 彼の口から そう言わせたのか


私は 返す言葉 失いました。

そうか

私が 懸命に我が家を立て直そうとしても 彼には 何にも 通じてないんだ・・・ 何も・・

切ない

情けないなって自分を責めました。


私は 今まで 何をしてきたんだろう?

今、病の彼は 私を必要としていないことが 分かりました。

私が 昨年から 今にかけて動いてきたことは 全部 彼にとっては 邪魔な事だったんだ・・・

私が 必死で動いてきたことは 彼にとって 無駄な事だったのか、と 時折 自分に問いかけてます

決して どれをとっても ひとつも 無駄な事は なかった はず

これからは 子供たちの為に 動いてるんだって思うことにしよう

もう少し もう少し 子供たちが大学卒業するまで もう少し

それまでに 私がいなくても 彼1人で暮らして行けるよう 全ての手続きを済ませなきゃ・・・ね


世の中って 家族って 所詮 そんなもんだよって自分に言い聞かせています。

これ以上 一緒にいたら 何もかも崩れてしまいそうだから あともう少ししたら 私は この家から去ります。





コメント欄など ブログ訪れて下さった方との交流のしかた分からないアナログな私です

こんなアナログでも 時代の地べたで 雑草のように強く生きて行きたい思います。

こんなアナログな私に ポチ 1つ頂けたら 1つ頑張れます。

よろしくお願いします、ポチ・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト


コメント
Re: 大変な日々でしたね・・・
病は 心も病ませるのでしょうか??
私は 全ての 彼の心の病のはけ口に なっているような気がします
妻であると共に 私は 普通の心を持つ人であり、決して仙人では ないです。

けれど 妻であるが上に 夫婦である以上、そんな病の彼を見捨てて出ることは 今は出来ず・・・

私が 潰れる前に 何とか 別々の人生を歩むレールを作るべく それを頼りに 今は 動いています。

子供たちが卒業する時を レールの完成としたいと考えています。

そして それからは 静かで平凡な日々を送るつもりです。

あるママさん、いつもありがとうございます
[2015/07/23 15:10] URL | 羊羹ママ #- [ 編集 ]

大変な日々でしたね・・・
そして・・・、羊羹ママさん、よく乗り切りましたね。

私もよくありますよ
「?????」 な発言されること。

何でそんな事を言われにゃならんのだろう・・・
と、思います。
よく、そんな、ぐっさりと、人の心に
刃物を突き刺せるな・・・と。

羊羹ママさんの旦那さまは、
自分の言っていること、していることが
きっと、なぁぁぁ~んにもわかっていませんね。

羊羹ママさんのことを必要としていないとは、
私は思いませんが、
ずっとそばにいてくれるものと
思い込んでいるのではないでしょうか。
甘えですね。

男の人のこの甘えは、
妻を傷つけますよね。
もっと大事にして欲しいものです。

羊羹ママさんの心が
少しでも癒されていきますように・・・
穏やかな時がきますように・・・
願っています。



[2015/07/23 13:12] URL | アルまま #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sapporo2583.blog.fc2.com/tb.php/209-1c910c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。