FC2ブログ






プロフィール

羊羹ママ

Author:羊羹ママ
50代の主婦。旦那と娘3人の5人家族。長女は1人暮らし。下の2人は学生。旦那は現在自宅療養中。いろんなしがらみに縛られ、働くこともままならず毎日悶々としている私です。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



最新コメント



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


貧困の定義、我が家の場合は?? 社会の矛盾いっぱいです


今日は 貧困問題について 書きたいと思います。
時間がない人とか 長いのは嫌だよっていう人は ここで終わって下さい。
書き始めて自分で言うのも変ですが いつもより長くなりそうなので、前置きします。

以下は ネットで 貧困の定義を調べたものです。

【貧困には二種類の定義。一つは「絶対的貧困」。これは、生命を維持するために最低限必要な衣食住が満ち足りていない状態のことを指します。例えば、途上国で飢餓で苦しんでいる子どもや、ストリートチルドレン等はこれにあたるといえます。

もう一つの定義は、「相対的貧困」。これは、その地域や社会において「普通」とされる生活を享受することができない状態のことを言います。この場合、「貧困」であるか否かは、その人が生きている社会の「普通の生活」との比較によって相対的に判断されます。「貧困」の基準が、その人が生きている国、地域、時代等によって、変化することが「絶対的貧困」との一番の違いです。

最初に述べた「日本の貧困率」は、日本の「相対的貧困率」を指します。詳しい計算式までここでは説明しませんが、日本で相対的貧困状態といわれる所得のレベルは、「4人世帯の可処分所得が250万未満」くらいだとイメージしてください(OECDの基準を適用)。】


私が これを読んで感じたこと

人それぞれに 自分は貧困だと思う基準が違うと思います。

相対的貧困のレベルであっても その方の考え方によって 生活の工夫によって 決して貧困なんかじゃない場合あります。

それまでが 割と恵まれた暮らしから 何かの事情で 上の貧困レベルになった人は 逆に 生活発想を変えない限り 相当苦しいと思います。

それでも ある程度 生きていく上で これ以下は 無理だろうという数字があると思うんです。
ネットで調べた貧困状態レベルは 取りあえずの基準ですから、どこかで線引きしないと いろいろ手続きありますよね?

最近、日本で貧困率増加しているそうです

我が家の今の状態を 今回の定義で区切るなら 「相対的貧困」にしっかりあてはまっています。

だから 今年 住民税非課税世帯の通知が来たのですが・・・
ただの一時的な住民税非課税世帯なら そうも大変とは思いませんが 何せ私が今 働きに出られないのが 大きいです。
時期は分かりませんが 同居人さんが 一人歩き始めることが 出来たとき 少しは改善するかと思います。

我が家の大黒柱の彼は 昨年 病に倒れて障害者になってしまいました。
障害者と言っても 障害年金受給対象者レベルと 紙一重で受給対象者から外されるレベルとが あります。

我が家の場合は 後者です。

介護と同じで 障害者年金の受給対象 ここ数年の受給ランク基準が 相当厳しくなっています。
彼は 障害年金の対象から外れました。
障害者手帳は 頂いていますが、障害年金の基準と障害者手帳の基準は異なります。

彼の場合、障害者としての社会復帰の問題もあります

障害者が 病気になる前に働いていた会社で 障害者としても働ける部署を確保してもらえるかどうかです。

公務員には しっかりとこの制度が確立されています。

妊婦さんも公務員なら 部署移動させてもらえます。(一般企業 この制度取り入れている割合って どうなんでしょうか?)

まぁ そんな制度が魅力で 公務員を目指す人も多くおられます。

我が家の旦那さんは 公務員でもなく 普通のサラリーマンです。

今の会社には 残念ながら こういった移動部署は 全くないです。

なので 18ヶ月の休職手当を受給終えたら 退職せざるを得ない立場です。

それが 数ヶ月後の秋に迫っています。

いろいろ書いていますが 決して彼の現状の不満でなくて 事実を書いているだけです。

泣いても悔しがっても 秋には 休職手当が 切れるのは事実です。

健常者の人が退職して失業した、なら 雇用不安な今でも 多少未来は あると思います。

けど 我が家の場合は ???です

私だって 黙って指を加えて 悩んでいるわけじゃないです。

倒れた昨年から ずっとずっと その時にするべきこと 分からないばっかりだけど 必死で動いてきました。
やるべき手続きは 常に変化していますから 今も いろんなところに動き続けています。

けど、秋から 休職手当切れたら 生活費をどうするのかは いまだ 解決できていないです。
障害年金も もらえず、かと言って公的年金受給までは まだまだ年数がありすぎます。
早期受給という仕組みも知っていますが それにも早すぎます。
持ち家マンションだから 生活保護対象になりません。
こういった中途半端な 貧困世帯を救う道は 知る限り 減免の申請のみです。
少ないなりに 幾らか定期収入が あれば どれだけ助かることか としみじみ思います。

その状況から 今の休職手当1円だって 無駄に使えず 不安ばかりです。

時に 馬鹿馬鹿しいほど無駄使いする時もあります。

そういう時 自分を許してあげることにしてあげます。

そこまで やりくりするなら もう少し 節約できるところあるじゃんって突っ込みどころ満載だと思います。


こないだの12万の年金が 少なすぎて 生活出来ないからって焼身自殺された人。

秋以降 全く無収入になる我が家から見れば 定期的に入る立派な収入あって うらやましい限りです。

それを少ないと思うか普通だと思うか それぞれの立場で いろいろ異なります。
毎月病院に行くような体なら 医療費かかって 場合によっては12万では大変でしょう。
時折 援助してくれる身内が いるかどうかでも違ってくると思います。

人は いつ どうなるか分かりません。

今 安定した収入があるからと言って 安心できない世の中です。


確かに お金は あの世に持って行けません。

自分の為に使い尽くしてしまうのが 残されたものが争わずにすむ 最善の方法です。

けど 寿命なんて 全く分からないし、明日のことも分からない世の中
どれだけお金を準備すれば いいのかなんてわかるわけない。(簡単なシュミくらいは作れますが)
やっぱり お金は 幾らあってもいいと思う私です。
誰も頼っちゃいけないんです。
身内だからって頼っちゃダメなんです。
誰も信じちゃいけないんです。
私、お金だけが全てを助けてくれる手段と思ってますから・・・
昨年、この事実を嫌というほど 思い知らされましたから・・・
誰も助けてくれないことを前提に生きなくちゃいけないから、やっぱりお金は大切です。
私は 彼と結婚した当初から ずっと不安を感じていたので すごく少ないお給料から 無理やりに貯蓄してきました。
お金は使わなきゃ 経済が回らないなんて聞きますが それは余裕がある人のことだと思ってます。

今となって それらが すごく我が家を救ってくれています。
でも 打ち出の小づちじゃあるまいし 底をつくのは時間の問題です。

結局 私は 結婚してから ずっとお金に苦労したとも言えますが・・・
結婚当初から 先読みした不安が的中したとも言えますが、こんなこと的中して欲しくなかったです。

不意に入ったお金は 時に人を狂わし、 また お金が無くなったことで 家庭を狂わします。

今はお金だけが 頼りです。

でも お金に振り回されない人生を送りたいと思う 私です。


6月の記事で書いたかと思いますが 我が家は 住民税非課税世帯の烙印押されました。

いろいろ減免の恩恵があるそうですが 収入全くなくなれば 減免だけで生きて行けないです。

生活保護対象者でもなく 障害年金受給者対象でもなく・・・

まさに 中途半端な 相対的貧困家庭です。

私は 決して 我が家の状態の不満を この場で言いたかったのでないです。

今、私は ありのまま事実を仕方ないと受け入れ、三無主義貫いて 生きる術を探しています。

ただ、偽りの生活保護申請して楽々と生活している人がいることを身近に知って 虚しさ100倍、いや1000倍・・・

ここ数日 激しくテンション下がってしまった 原因です。

何か虚しい・・・・・正直者が馬鹿を見る? でしょうか

そうじゃないですよ

私は 死ぬときは ちゃんと天国に行きたいので 最後まで 真っ正直に生き抜くつもりです。

日本は 救うべき人を救わず ずるをして受給者となりすましている人に お金を援助し続けています。

逆に プライドから 申請しないで苦しんでいる人もおられると聞きます。

もう少し お国は 目をカッと見開いて 判断をしてほしいと思って 記事にさせて頂きました。

年金問題もしかりです。

あまりに 私たちの税金を 何も考えずに 無駄に使い過ぎです。

必死の生活から税金を払って こんな国のずさんな管理が 腹立たしくて・・・

この記事を読んで いろんな意見があるかと思います。

今の私は それに対して コメント返信する能力は 持ち合わせていません。

ただ、社会のあまりの理不尽さが 許せなくて 書きました。

もし 不快な気分になられたら お詫びします。


15日は 障害者センターに同行する日です。

8月から 社会復帰に向けて 2ヵ月間の訓練始まるので それについての説明があると思います。

さて 訓練終えて 障害者枠で 仕事が無事決まるかどうか 微妙です。

長々と 読んで頂き ありがとうございました。

人生まだまだ長いけど なんとかなるさぁ・・・・・と思うことにします。





コメント欄など ブログ訪れて下さった方との交流のしかた分からないアナログな私です

こんなアナログでも 時代の地べたで 雑草のように強く生きて行きたい思います。

こんなアナログな私に ポチ 1つ頂けたら 1つ頑張れます。

よろしくお願いします、ポチ・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト


コメント
No title
アルままさん、いつも丁寧なコメントありがとうございます。
ブログ立ち上げて5ヶ月になりますが、ようやく 自分の気持ちを正直に記事に出来るようになりました。
それまでの心の整理とは 少し変わってきたような気がします。

こんなつたない初心者ブログを こうやって訪問して下さることがいることは 嬉しいです。

ブログ音痴の私が まさかコメ会話出来る日が来るとは 思いもしなかったことです。ありがとうございます。
[2015/07/13 18:43] URL | 羊羹ママ #- [ 編集 ]

日本って
本当にヒドイ国だと思いますよ、私。
公務員、多すぎだし、税金の無駄遣い多すぎだし。

夜も昼も一生懸命働いているのに
生活保護世帯よりも収入が少ないって話になると、
「それでは生活保護費の金額を下げましょう」
・・・なんて、それは、オカシイでしょ。
観点がずれてるでしょって思う。

生活保護を受けず、飢え死にする人もいるのに、
働けるはずなのに働かない人に甘甘で、
支給してたりする。

ちゃんと調べればいいのに・・・・。

年金12万で一人暮らしなら、
私なら貯金ができる。
一人なら、食費1万もかかりませんからね。

でも、喫煙、飲酒の習慣があり、
借金があり、病気で通院してたら、
きっと12万では足りないでしょう。

等しく、みんなが豊かに・・・
というのは不可能でしょうが、
少なくとも、貧困にあえぐ人が減りますように・・・
食事もできず、衰弱死したりしませんように・・・
と、願います。

こんな世の中ですが・・・
明日もまた、元気に暮らしていきたいと思います。

頑張りましょ-ね(^-^)





[2015/07/13 17:41] URL | アルまま #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sapporo2583.blog.fc2.com/tb.php/186-0a4337e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。